ハンマーと本と天秤

法律関係の業務

法律関係の業務を行うのが弁護士

弁護士は士業と呼ばれる業務を行っている職業の一つです。その他の士業には会計士、税理士、司法書士、行政書士、設計士などがあります。その中でも司法試験に合格しなければなれない弁護士は最難関の職業と言えます。法律に関係する仕事としては司法書士や行政書士がありますが、司法書士も行政書士も弁護士の仕事は出来ませんが、逆に弁護士は司法書士や行政書士が行っている仕事をすることが出来ます。最近は司法試験の合格者を増やそうということでw一時大量の合格者を出したのですが、日本では裁判で物事を解決しようという風土になっていないために仕事が増えなかったため、折角合格しても就職先がないという事態が発生して問題になりました。

今後の活躍の場は広がるか

世の中が複雑になるにつれて毎年のように多くの法律が作られたり、改正されたりしています。専門家でも追いついていくのが難しくなっています。最近増えているのが法律相談です。弁護士が新しい法律や法律の改正に対応して困っている人に無料で相談に乗るために開かれています。こうした相談をした人は実際に法律に関係する事態が発生した場合には弁護士に問題の処理や解決を頼むことになります。言わば本業へ繋がる顧客の開拓を兼ねているわけです。また、グローバル化の時代を迎えて外構との関係の業務をサポートする国際弁護士も増えてきています。日本の司法試験に合格した人もいますが、海外で取得した資格で日本でビジネスをしている人も増えています。