ハンマーと本と天秤

弁護士に任せよう

慰謝料の減額の弁護士報酬

妻子ある男性と交際し、肉体関係を持った。その後男性は離婚したものの、男性の元奥さんからとんでもなく高額な慰謝料を請求された。ドラマであれば面白いで済みますが、現実にこんな請求をされたらどうでしょうか。  不倫が事実であれば支払いを免れることは難しいでしょうが、慰謝料の減額の交渉はできます。このような場合、相手も感情的になっていて冷静な話し合いは難しいでしょうから、弁護士に相談すると良いでしょう。無視は最もやってはいけない方法です。  弁護士報酬は高額になるというイメージがありますが、だいたい経済的利益(減額された慰謝料の金額)の10%程度が相場と言われています。ただし着手金別途という場合もありますので、依頼前に確認する必要があります。  

相場よりもまずは謝罪するべき

 不倫の慰謝料は法的に決まっている訳ではありませんが、離婚をしなければ50万から100万程度、離婚をすると300万程度、あとは相手方の婚姻期間や子供の有無により変わります。  そのため相手方が離婚して1,000万円という慰謝料を請求してきた場合は、減額できる可能性があるという事になります。ただし、絶対減額できるわけはありません。不倫により相手方にそれだけの精神的苦痛を負わせているのですから、謝罪は絶対に必要です。相手はお金が欲しいのではありません。そこで開き直ろうものなら減額できる慰謝料も減額できなくなる可能性があり、調停や裁判になると「誠意がない」と不利になる可能性すらあります。  反省し二度と過ちは犯さないという気持ちで、弁護士に間に入ってもらいましょう。